知ってましたか?ベビーカーには様々なタイプが存在します

ベビーカーのシートの位置について

乳児等の子供がいる場合、ベビーカーは移動の際の必須のアイテムといえますよね。ベビーカーには様々なタイプが存在します。昔は子供のシートの位置が低いタイプがほとんどでしたが、近年では高いところにシートがあるタイプも存在します。これは夏場の地面の反射熱の影響を考慮したものです。シートが地面に近すぎると子供が熱射病になる可能性があるのです。そのため熱が届きにくい高い位置にシートを設置しているベビーカーが最近増えています。

シートの数や方向も様々です

シートの位置の他にも、ベビーカーには様々な特色があります。通常のベビーカーは子供を1人乗せる仕様になっていますが、子供を2人乗せる仕様のものも存在します。このタイプは子供が双子の場合などに使われることが多いようです。また、あまり見かけませんが3人乗りのものも存在します。またシートが進行方向に向いているタイプと後方に向いているタイプがあります。それぞれにメリットがあり、前方を向いているタイプは子供が進行方向の景色を見て楽しめます。後方を向いているタイプは、親が常に子供の顔を確認しながら押せます。

自立するタイプと自立しないタイプ

ベビーカーごとに異なる要素として、折りたたんだときの形態があります。折りたたんだ時に自立するタイプが主流ですが、中には自立しないタイプも存在します。そういうタイプは折りたたんだ時に立て掛ける壁がないと不便です。そう聞くと、自立するタイプの方が良いと思われるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。何故なら、自立するための機構をベビーカーに設けているため、その分だけ重量が重いというデメリットもあるからです。

ベビー用品のレンタルサービスとは、高額なベビー商品を数週間単位でレンタルできる内容になっており、インターネットから注文することができます。